9月は14日、21日がお休みとなります。
定休日.jpg
facebookページはこちらから
20130902_677817.gif
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
オイルドクロスじゃないBarbour(バブアー)これも新鮮です。
JUGEMテーマ:ファッション


数ある男性のスタイルの中で支持され続け、質実剛健さがウリのBarbour(バブアー)」。

昨今ではその代表格でもあるオイルドジャケットが現代的にスリムになりコーディネートし易くなった事で話題に上がっています。

そんなBarbourから別なキャラクターのアウターがデビューしました。


Babour1.jpg
Barbour Polar Quilt SL OL72(オリーブ)¥27000


その名を「Polar Quilt SL」、キルティングジャケットです。

この種類のアウターは同じイギリスブランドであるLavenham(ラベンハム)等が有名ですが、Barbourが展開するとどこか男性的でタフなイメージが漂います。

襟の形は別にしてボディバランス、ポケットの配置は代表アイテム、ビデイルと同様にユーティリティーに富んだシルエット。

ファブリックが中綿入りのナイロンキルティングになる事で軽く、オイルドジャケットよりも防寒性に富んでいます。

真冬でもダウンやウールのコートで着膨れしたくないといった方には重宝する事は間違い有りません。


Babour2.jpg


裏地全体にはマイクロフリースをあしらい、ナイロン特有のシャリ感のある着心地が苦手な方にもオススメです。

カテゴリーとしてはライトウェイトアウターに属するキルティングジャケット、例年になく雪の深いこの12月はどうせなら
薄手でもハイクォリティなニットで防寒を心がけたいですね。

コーディネートと共にご覧下さい。


Babour3.jpg
Outer Barbour Polar Quilt SL OL72(オリーブ)¥27000+Tax
Inner INDUSTRY ALL NATIONS ¥40000+Tax
Muffler FAIRFAX ¥12000+Tax
Zip Clutch Bag hobo ¥25000+Tax


サラッと羽織るスタイルで着こなしたくてもこの時期のシャツ一着はタブー。

アルパカ100%のINDUSTRY ALL NATIONSのニットであれば見た目も着心地も季節感あるコーディネートが出来そうです。

落ち着いたカラーリングの首元には先日「ソフトな迷彩柄」が好評だったFAIRFAX(フェアファックス)のチェック×ストライプのコンビマフラーをプラス。

タフなルックのアウターに少しだけチャーミングな要素をまぜてみましょう。


そして別パターン。


Babour4.jpg
Outer Barbour Polar Quilt SL OL72(オリーブ)¥27000+Tax
Inner visvim ECHO KNIT SWEATER ¥29000+Tax
Daypack visvim BALISTIC 20L ¥46000+Tax
Babour 5.jpg


ジャケットのスタンドカラーの特性を生かして同じニットでも襟付の物を。

ポロニットの様に上品さが垣間みれるvisvim(ビズビム)の ECHO KNIT SWEATERはボタンを留め立ち上げると、まるでタートルの様な印象。

ソフトなカラーはアウターのオリーブと好印象、最も手軽なコーディネートです。

腕に持たせたバックパックは同じvisvimの代表作、バリスティック20L。

アーバンアウトドアスタイルを体現する形でどんなコーディネートにも背負える魅力あるバックです。

ケミカル素材であるバリスティックナイロンと天然皮革とのコンビで構成されるそのデザインに魅了される方々が後を絶ちません。

通勤、通学、一泊程の出張等に最適なサイジングは今回のスタイルにうってつけです。


お伝えする要素が多くなってしまいましたが、それだけ冬はオシャレを楽しめる季節だという事。

レイヤードでバランスを楽しむか、少ないアイテムで最大の効果を得るかは思いのまま。

ギフトアイテムを含め、まだまだ魅力的なアイテムが揃う店内でお待ちしております。





本日のインフォメーションや Barbour (バブアー)の通販に関するお問い合わせは

0172−34-0400

またはcientoinfo@ciento.co.jpまで。



※CIENTOのFacebookページも是非ご覧ください。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

「CIENTO Facebook Page」


 
| Barbour | 10:32 | - | - |
選ぶべきはタフな英国王室御用達アウター。 ~ Barbour (バブアー) Bedale SL & Beaufort SL ~
JUGEMテーマ:ファッション



質実剛健なブリティッシュアイテムに注目した際、避けては通れないブランドであるBarbour(バブアー)​。

Barbour(バブアー)は1894年に創業、不安定な天候が続く北海で働く水夫や漁師、湾岸労働者の為に開発されたオイルドクロスを使用したジャケットをルーツに持ち、英国上流階級のアウトドアライフに密着し、カントリージェントルマンのスタイルを体現しながら現在ではファッションアイテムとして世界中から愛され続けています。

そんな英国を代表する老舗ブランドである「Barbour(バブアー)」からシンボル的なオイルドジャケット、2型をピックアップします。


Babrbour 1.jpg
Barbour Bedale SL Washed OL(オリーブ) 71 Olive ¥52000+Tax
Barbour Bedale SL NY91 (ネイビー)¥47000+Tax
​Barbour Beaufort SL Jacket SG 51(セージグリーン) ¥51000+Tax


まずはアップデートを遂げながら現代に至るまで数多くのファンを獲得しているコンフォートタイプ、Bedale(ビデイル)。


Barbour 2.jpg

Barbour 3.jpg
Barbour Bedale SL Washed OL 71 Olive ¥52000+Tax
SHIRT Gitman Brothers Vintage ¥25000+Tax
VEST The Stylist Japan ¥24000+Tax

Barbour 5.jpg
Barbour Bedale SL NY91 ¥47000+Tax
KNIT AMI alexadre mattiussi ¥48000+Tax


そのSLタイプは日本人の体格にも合う様にスリムでコンパクトなシルエット。

今回、入荷になったモデルは通常より一手間掛けて加工が施される事で従来のオイル感が和らいでソフトに仕上がったウッォシュドタイプと通常のオイルドクロスの2素材。

ウッォシュドタイプに至っては実際にこの風合いに着込んで近づけるのは至難のワザ、予めエイジングが出ている物でもファブリックは新品です。

タウンユースとしてはかなり扱い易いアイテムと言えるでしょう。

Barbourのネームから思い浮かぶのはワークウェアというちょっと土臭いイメージ。

秋から冬にかけてのコーディネートはその印象を和らげたスタイルを提案したい所ですね。

そのままお気に入りのインナーに組み込む事も充分ありですが、レイヤードには防寒も兼ねていつものシャツにカジュアルに着込めるベストを今シーズンは挟んで見ませんか?

ニット一着であれば、優しげなカラーや柄物を。人気のタートルも良いかもしれません。

画像を参考にして頂ければ想像がつくと思いますが、質実剛健さが売りのアウターが驚く程ソフトな印象に仕上がります。

コンパクトなシルエットにアレンジはされていますが昨今のジェケットスタイルにはレイヤードが可能。

スーツの上から通勤用にレインコート扱いとしても素敵です。


続いてブランドを代表する往年のアイテムも今時シルエットになったBeaufort(ビューフォート)SL。


Bourbour 4.jpg
​Barbour Beaufort SL Jacket SG 51 ¥51000+Tax
SHIRT nonnative Dweller BD shirt ¥19000+Tax
VEST The Stylist Japan ¥24000+Tax


元々はハンティング用に開発されたブランドを代表するボディタイプ。

表面のテクスチャーは加工が入っていないオリジナルのオイルドクロスを使用しています。

それでも、どこかエレガントな雰囲気が漂うのは先程のBedale(ビデイル)SLと比べて長い着丈にワケがあります。

言うまでも無く、カジュアルスタイルは勿論、テーラードジャケットとにも相性の良さが期待されます。

セレクトカラーはオリジナルのセージグリーン。

アウター選びで既存のスタイルを変える事無く着回せます。

着込んだ後に現れる元々の深いグリーンがとても魅力的です

最初のオイル感は気になる部分かもしれませんが、​Barbourの醍醐味を楽しみたいならこの素材です。


ビンテージの様な風合いをスタイルとして最初から取り入れるか、オリジナルの良さを味わいながらしっかり着込むか・・・・

これは好みが分かれそうですね。

ファブリックの技術が日進月歩に進化している現代、防水と耐久性いう同じベクトルを向きながら、ハイテク素材であるゴアテックスとは対局の存在オイルドクロス、あえてこのクラシックな素材をファッションとして楽しんで秋を乗り切ってみませんか??



現在店頭ではコチラのスポット企画が好評開催中です。

チャンスです。


2倍.jpg



本日のインフォメーションや Barbour (バブアー)の通販に関するお問い合わせは

0172−34-0400

またはcientoinfo@ciento.co.jpまで。



※CIENTOのFacebookページも是非ご覧ください。

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

「CIENTO Facebook Page」


 
| Barbour | 11:40 | - | - |
都会的なカントリージェントルマン。 ~Barbour BEDALE(バブアービデイル)~
 
言わずと知れたUKスタンダード、Barbour(バブアー)から今期デビューのニューカラーが届いています。
 
Barbour.jpg
Barbour Waxed Jacket Bedale SL Window Pane Check ¥53550

UKアウトドアアイテムを取り上げる上で欠く事の出来ないブランドBarbour(バブアー)。

北海の過酷な環境の元で働く水夫や漁師、湾岸労働者の為のタフなオイルドクロスを使用したジャケットがルーツです。
 
英国の上流階級のアウトドアライフに密着し、カントリージェントルマンのスタイルを引き立てるブランドの一つとして成長しながら現在ではファッションアイテムとして認知されています。
 
Barbour-Js.jpg

アップデートを遂げながらリリースされたBedale(ビデイル)SLは日本人の体格に見合う様にスリムフィットに、コンパクトなフィッティングですがそこはやはりUK物、しっかりレイヤード出来る余裕は残したグッドバランスに仕上がっています。

カラーもBarbour (バブアー)、鉄板のセージグリーンに赤い格子をプラスしてウィンドーペンチェックに。

質実剛健なワークウェアが都会的に洗練された印象に早変わり、コレはかなり新鮮です。
 
Barbour-Js2.jpg

オイルドクロスのテクスチャーも以前の物よりもソフトになり、ハードな面持ちからは大分親しみ易くなったのではないでしょうか??

車のシートを気にしたり、混雑した公共機関でも安心です。後ろめたい思いをする事はもう無いでしょう。

部分的に使われているゴールドのボタン、ジッパー等、細かい所にデザインのワザが効いていて魅力的なのですが、特筆すべきはインナーライニング。
 
Barbour-裏地.jpg

迫力のあるイエローのペイズリー総柄。

フロント、オープンで着たくなる魅力的な仕様です。

既にWEBや雑誌等、様々な媒体に掲載済みのNew Bedaleですがここまで細部をバラしたのはこのコーナーが初では??

裏地で語れるBarbour 、貴重です。

オイルを含んだボディ素材が特徴でかつてはバイカー達にも愛されたアウターですが、オシャレに取り入れるにはハードルが高い所。

しかし画像の様に今期はクリーンかつレトロにタートルネックニット等で品良くまとめてみては如何でしょう??

UK繋がりでJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のニットであれば、ウィンドーペンのボディと相乗効果が期待出来そうです。

生まれ変わったBarbour New Bedale、お見逃し無く。
 


本日のインフォメーションや、Barbourの通販に関するお問い合わせは、

0172−34-0400

またはcientoinfo@ciento.co.jpまで。


CIENTOのFacebookがスタートしています。

ファッションに関する情報を中心にさまざなトピックを盛り込んで情報発信しておりますので、こちらからもぜひご覧ください。

CIENTO Facebookページ

CIENTOWEBSTORE Facebookページ

もよろしくお願い致します。
| Barbour | 11:37 | - | - |
| 1/1PAGES |