5月は11日、18日がお休みとなります。
定休日.jpg
facebookページはこちらから
20130902_677817.gif
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
最新素材をまとった「ACRONYM(アクロニウム)のJ56-GT」

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

 

「超高機能ウェア」として世界のトップに君臨していると言っても過言ではない「ACRONYM (アクロニウム)」。

 

先の「クライマシールドコート」に引き続き、

 

ここの主役アイテム、「3L GORE-TEX PRO」を使用したハードシェルが登場です。

 

現在開発されているゴアテックスの中で最上位のこの素材を使用することを最初に許されているのは、

 

世界で唯一、「ACRONYM(アクロニウム)」だけです。

 

 

 

 

 

acronym j56-gt.jpg

 

J56-GT

3L GORE-TEX PRO INTEROPS FIELD JACKET

 

 

<最新素材はまずはアクロニウムから>

 

 

「3L GORE-TEX PRO」の最新素材が使用されたフード付きのシェルジャケット。

 

アクロニウムと言えばやはり「ゴアテックス」。

 

有名ブランドの数々のプロジェクトを手掛ける、デザイナーの「エロルゾン・ヒュー」は、

 

GORE社の顧問役ということで最新素材を使用する権限を持っています。

 

まずはアクロニウムで使用された後、大手のアルパインメーカーやその他のプロダクトへと使用されていきます。

 

絶対的な信頼のおける最新・最高品質の素材が、「アクロニウム」のアドバンテージと言えます。

 

 

 

 

 

アクロニウム stocco.jpg

 

acronym stocco.jpg

 

 

<ボタンフライフロントはアクロニウムだけ>

 

 

この最新素材のゴアテックスを用いたアウターには、実は制約があります。

 

「フロントにはジッパーを使用すること」

 

です。

 

GORE社のこの素材を用いるアウターには、必ずジッパーを使わなければならないのですが、

 

唯一、ボタンフライによるディテールをアクロニウムだけが許されているそうです。

 

 

「3代使えるスナップボタン」として有名なstocco社製のボタンをふんだんに使用し、

 

前合わせを折り返すディテールにすることでフロントからの風や雨の侵入をシャットダウンします。

 

 

 

 

アクロニウム 止水ジッパー.jpg

 

 

アクロニウム ポケット.jpg

 

 

アクロニウム  j56-gt gravity pocket.jpg

 

acronym j56-gt gravity pocket.jpg

 

 

acronym ベンチレーション.jpg

 

 

 

<デザインに隠された充実の収納力>

 

 

胸と腰部分に配されたポケットのデザインは「M-65」を彷彿させるデザイン。

 

立体的な胸ポケットはマチがあるので、思いのほか収納力が高く、

 

さらにサイドからアクセスできるスペースもあり使い勝手の良い作りです。

 

腰部分のポケットは止水ジッパーで密閉性を重視。

 

大事なものを入れるのに適していますが、さらに大事なものは、

 

これまたアクロニウムの代表的なディテール、袖口の「Gravity Pocket」へ。

 

携帯電話などを入れておけば、内側のスナップを外すことでワンタッチで手元に取り出すことができます。

 

個人的にも実際に着用していると、意外と「使える」、と実感するディテールです。

 

 

後身頃の片側サイドにだけ配された長いジッパーデザインは、

 

ベンチレーションでもあり、内側に直接アクセスすることができるディーテールでもあります。

 

また、アクロニウムのショルダーバッグを使用する際には、外側から内側へ、またはその逆の操作が可能になります。

 

これはオフィシャルの動画がわかりやすいので最後の動画をご覧ください。

 

 

 

 

acronym j56-gt storm hood.jpg

 

アクロニウム storm hood.jpg

 

 

アクロニウム ドローコード.jpg

 

アクロニウム ブルゾン.jpg

 

acronym ドローコード.jpg

 

 

<計算されたドローストリングスシステム>

 

 

何か所かに配されているドローストリングスのシステムがまた秀逸。

 

 

 

今回、他モデルでも共通で付けられるよう、取り外し可能なフードになっています。

 

フード周りのドローストリングスは、絞ることで頭を包み込むようにホールドしてくれますが、

 

目の周りが遮断されず視界を妨げません。

 

 

裾部分は2重のレイヤー構造になっており、ドローストリングスは内側部分に通っています。

 

絞ることでまずは内側をシャットダウンし、外側のレイヤーはその手前で風や雨の侵入を防ぎます。

 

ちょうどウエスト周りを隠すほどの着丈のバランスなので理にかなったディテールと言えます。

 

 

 

 

アクロニウムでは春夏でも秋冬でもそのシーズンで最新のゴアテックスを使用したハードシェルが発表されます。

 

「GENERATION」という考え方の元、同じものは絶対に作りません。

 

仮にモデルとして継続する場合は、この「GENERATION」が1から2へと変わります。

 

今回の「INTEROPS FIELD JACKET」は新作のモデルではありますが、

 

これまでの様々なモデルをベースとした渾身のモデルと言えます。

 

 

シーズンを追うごとに素材の進化やディテールの改善などを繰り返してコレクションを発表していきます。

 

エロルゾンにとっての最後の完成形を迎えるまで続くこのコレクションの中でも、

 

やはりダントツに一番人気はこの「GORE-TEX PRO」を用いたハードシェルです。

 

ACRONYM(アクロニウム)のアイテムを何か一つ手に入れるならやはりこのシリーズで間違いありません。

 

 

 

今シーズンのプロモーションビデオが届いていますのでぜひこちらもご覧ください。

 

ACRONYM.COM

https://acrnm.com/videos/V25-A_NA

 

 

 

 

ACRONYM (アクロニウム)のアイテムはこちらからもご購入いただけます。

 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

ACRONYM (アクロニウム)

 

 



※ACRONYM(アクロニウム)の商品や通販に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

CIENTO

TEL:0172-34-0400
営業時間 11:00〜20:00

MAIL:cientoinfo@ciento.co.jp
※メールは24時間受付しております

 

 

 

 

| ACRONYM | 12:06 | - | - |
「ACRONYM(アクロニウム)のWindstopper Climashield Coat(ウィンドストッパークライマシールドコート)」

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

 

「超高機能服」として世界中のファッショニスタを魅了し続ける「ACRONYM (アクロニウム)」。

 

今、最も影響力のあるデザイナーと言ってもいい「エロルゾン・ヒュー」が手掛ける、現代のハイテク素材をふんだんに使用した高機能なデザインのウェアです。

 

自身のブランドであるアクロニウム以外でも、有名ブランドの数々のプロジェクトを手掛ける超売れっ子デザイナーです。

 

GORE社の開発されたばかりの最新素材は、世界中のアパレルブランドの中ではまずはこの「アクロニウム」だけが使用する権利を持つなど、アパレルブランドとしてはかなり特殊な生産背景をもって最先端の素材が使用されています。

 

スポーツやアウトドアなどに反映されてきた「ギア」的な要素がファッションに深く浸透してきた今、機能美にデザイナーのセンスが落とし込まれた独特なデザインと最高峰に機能的な素材を使用したアクロニウムの洋服は最も魅力的と言えます。

 

「一生着られる」洋服は無いと思いますが、トレンドやデザインなどが影響せず、長い間楽しんでいただけるのはこんなウェアだと思います。

 

そんな視点でぜひ一度試着してみていただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

acronym クライマシールドコート.jpg

 

 

 

"Windstopper Climashield Coat"

 

¥208,000.- + tax

 

ACRONYM

 

 

 

 

 

 

<WINDSTOPPER®とCLIMASHIELD®で完全防寒>

 

 

 

昨年、ベンタイル素材で発表された「クライマシールドコート」がWINDSTOPPER素材で登場です。

 

使用されたのは、GORE社の「2L GORE WINDSTOPPER」。

 

ソフトなタッチで伸縮性があり、同時に撥水性、防風性、透湿性を持った高機能素材です。

 

 

さらに、引き続き中綿には「CLIMASHIELD」を使用。

 

こちらも軽量で耐久性があり、防湿性と保温性に優れた高機能な保温素材です。

 

また速乾性もあるので多少の雨風ぐらいではその保温機能を失わず、屋外でのタフな使用にも耐えうるものです。

 

 

シェルには「WINDSTOPPER」、中綿には「CLIMASHIELD」で、もはや完全防寒と言って間違いないです。

 

 

 

 

 

アクロニウム クライマシールドコート.jpg

 

 

acronym windstopper coat.jpg

 

 

 

アクロニウム クライマシールドコート (2).jpg

 

 

acronym windstopper coat stocco.jpg

 

 

 

 

<Stoccoボタン+ジッパーデザインで風の侵入をシャットアウト>

 

 

デザインの最大の特徴ともいえるジッパー使いで、雨風の侵入を完全にシャットアウトします。

 

内側のウェービングテープにスナップボタンが配され、そのうえで外側のメインジッパーでシャット。

 

さらに内側の襟元を上るジッパーで首元までしっかりホールドしてくれます。

 

 

このStoccoのスナップボタンは、ルイ・ヴィトンの財布などにも使用される、

 

3代使ってもホールドが持続する」という特殊な高機能で高価なボタン

 

アクロニウムのウェアの中でもごく一部に採用される貴重なものですが、こちらのコートにはふんだんに使用されています。

 

 

 

 

 

 

acronym windstopper コート.jpg

 

 

acronym クライマシールドコート ジャケットスリング.jpg

 

 

acronym windstopper climashield coat.jpg

 

 

アクロニウム windstopper climashield coat.jpg

 

 

 

 

 

<アクロニウムならではの機能デザイン>

 

 

イヤフォンを特殊な磁力で留めて置ける、「Forcelock」。

 

取り外し可能な「Logo tape」。

 

着用しない時にはストラップシステムで背負うことができる、「Jacketsling」。

 

やや後方に配された広いスペースのポケットなど、

 

アクロニウムならではの機能的なデザインがしっかりと落とし込まれています。

 

 

 

 

acronym クライマシールド コート.jpg

 

 

 

アクロニウム ウィンドストッパークライマシールドコート.jpg

 

 

 

アクロニウム ウインドストッパーコート.jpg

 

 

 

<独自のカッティングが生み出すシルエットと最高の着心地>

 

 

 

アクロニウムのウェアの魅力の一つは何といってもそのデザインやシルエット

 

さらには着心地の良さを生み出す独特なカッティングにあります。

 

 

一見、前身頃はセットインの袖付けですが、後身頃から見るとドルマンスリーブのような、

 

肩から袖にかけては一体となった立体的なパターンです。

 

特に袖周りや肩周りには細かいダーツや切り替えを配していて、人の体のラインに合わせた巧みなパターンが見て取れます。

 

着用した時にすーっと体になじむその着心地の良さは、そういった細かいパターンやデザインが生み出しています。

 

高機能でかつ最高の着心地となれば、長い間付き合うパートナーとして言うことなしかと思います。

 

 

 

 

今回のコートは、北国に暮らす我々にとってはとても心強い完全防寒のアイテムと言って良いですが、

 

素材の触り心地や着用時の軽さ・快適さなどは、まだまだご紹介の画像や文章では伝わり切れません。

 

世界最高峰のACRONYM (アクロニウム)の高機能ウェア、ぜひ実際にお店でご覧ください。

 

 

 

 

ACRONYM (アクロニウム)のアイテムはこちらからもご購入いただけます。

 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

ACRONYM (アクロニウム)

ACRONYM アクロニウム J46-WS Windstopper Climashield Coat ウィンドストッパークライマシールドコート ブラック

 



※ACRONYM(アクロニウム)の商品や通販に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

CIENTO

TEL:0172-34-0400
営業時間 11:00〜20:00

MAIL:cientoinfo@ciento.co.jp
※メールは24時間受付しております

 

 

 

| ACRONYM | 11:09 | - | - |
突然の雨でもご安心を。「ACRONYM(アクロニウム)のパッカブルウィンドストッパーシェルジャケット」
JUGEMテーマ:ファッション



暖かい日が続いているとはいえ、日本各地では雨の多い「梅雨」を迎えています。

ここ数年、さっきまで暖かかったのに数分後には雷雨に襲われるなど、

異常気象による、急な天気の変化が心配されています。

とにもかくにも、この時期の「雨」には要注意ということでこんなアイテムのご紹介。




アクロニウム パッカブルブルゾン.jpg




小さく折りたたまれたこちら。

はい、大きく飛び出しているこのタグからも察しが付くとおり。

GORE社の「WIND STOPPER (ウィンドストッパー)」を使用したあの「ACRONYM (アクロニウム)」のパッカブルブルゾンのご紹介です。


 


ACRONYM ウインドストッパーブルゾン (2).jpg

ACRONYM ウィンドストッパーブルゾン.jpg

ACRONYM.jpg



 
GORE社の「WINDSTOPPER」と言えば、完璧な防風性を持ちながら、さらに透湿性も兼ね備えた高機能素材。

アウトドアブランドや本格的なアルパイン系のアイテムにも使用されるほど信頼性の高いものです。

軽量でかさばらないボリュームはパッカブル仕様に最適で、

お出かけの際にバッグにそっと忍ばせれば、いざという時に大活躍してくれるはずです。



とは言いつつ、普段は小さく折りたたむことはなく春のメインのアウターとして着られることと思います。

もちろん機能性だけではなく、ファッションとしてのデザインの良さが「ACRONYM」の魅力ですから。




ACRONYM WINDSTOPPER SHELL JACKET.jpg

アクロニウム シェルジャケット.jpg



「すっきり細い」という表現よりは、「適度な余裕があるのにすっきり見える」という方が正しいかと。

細かく切り替えられたりダーツを取ったりすることで、

体のラインや動きに合わせて自然にフィットする独特なパターンはさすがの一言。

着やすいんです、アクロニウムの洋服は。





アクロニウム ナイロンブルゾン.jpg

アクロニウム フード付きナイロンブルゾン.jpg


 
フロントの大ぶりなポケットは、マチが立体的な作りで見た目よりもたっぷり物が入ります。

斜めの向きにつけられていて手の動きがとてもスムーズ。

細かい配慮が行き届いています。


長くつけられている袖付けの理由はこのフィンガーホール。

指を通して着れば、手の操作性を失わずに手のひら半分ほどが隠れます。

悪天候には、手首からの風の侵入を防いでくれるのでこれだけでかなり寒さが軽減されます。



 

アクロニウム ウィンドストッパーシェルジャケット.jpg

アクロニウム シェルブルゾン.jpg

アクロニウム シェルジャケット フード.jpg


 

後身頃も、肩のラインや袖周りにかけて複雑な切り替えが配されています。

前肩寄りだと言われるヒトの体のラインをしっかり計算していると思われます。


そして、アクロニウムのコード付きのフードは、ドローコードを絞ることで悪天候時にしっかり頭をカバーしますが、

視界を遮らないような立体的なシステムになっています。

これは意外と役立つディテールですのでぜひ実物で試してみてください。






今や科学的な技術が進歩し続け、世の中には我々が知らない高機能な繊維や素材がたくさん存在しています。

最近ではファッション性の高い洋服にも応用され採用されることが多くなってきました。

アウトドアやスポーツといったカテゴリーがファッションの中にも定着してきて、ファッションそのものが進化しています。


アクロニウムの洋服は、そんなファッションと高機能なテクノロジーの融合をまさに直に感じられるコレクションです。

ファッショナブルなのに高機能。使いやすくて快適な着心地の洋服。

春シーズンによく発表される薄手のナイロンブルゾンは、年間を通しても着られる時期が意外と長いものです。

とっておきの1枚として、いざという時の1枚としてぜひ。



ACRONYM (アクロニウム)のアイテムはこちらからもご購入いただけます。

 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

ACRONYM (アクロニウム)

ACRONYM アクロニウム J25-WS Packable WINDSTOPPER Active Shell Jacket パッカブルウィンドストッパーシェルジャケット ブラック



※ACRONYM(アクロニウム)の商品や通販に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

CIENTO

TEL:0172-34-0400
営業時間 11:00〜20:00

MAIL:cientoinfo@ciento.co.jp
※メールは24時間受付しております
| ACRONYM | 12:10 | - | - |
ACRONYM (アクロニウム)のCrewneck Sweatshirt (クルーネックスウェットシャツ)
JUGEMテーマ:ファッション



GORETEXやWINDSTOPPERなどのシェルアイテムが代表的な「ACRONYM (アクロニウム)」から、

極上の肌触りがクセになる「スウェット」が登場です。



 
acronym クルーネックスウェット.jpg

acronym.jpg

S14-BR
Crewneck Sweatshirt
Grey Melange
¥64,000.- + tax


アクロニウム クルーネックスウェット.jpg
 
ACRONYM スウェット.jpg


 

シームや切り替えが独特なパターンで配されたスウェットシャツ。

体のつくりや動きを考慮しての立体的なデザインパターンと考えられますが、

それ以前に、使用されているイタリアのコットンスウェット素材が極上すぎて、どんな動きをしても快適。

一度袖を通したらヤミツキになりそうです。


特に縦方向へぐいーっと伸びる伸縮性が高く、これがスウェットであるということに驚きを覚えます。

真夏は暑いと思いますが、それ以外の季節には快適に着られる裏起毛の裏毛です。




アクロニウム スウェット.jpg

アクロニウム スウェットカットソー.jpg





ポケットはフロントに一つと胸部分に一つ。

普通のパーカーなどについているカンガルーポケットのように、ただ張り付けたようなつくりではなく、

ボディーの一部として一体化したような構築的な作りで、余分なふくらみやボリュームがないスマートな見た目です。

どうやって形成しているのかじっくりと見てほしいディテールです。
 


acronym sweat.jpg

アクロニウム トレーナー.jpg

アクロニウム カットソー.jpg



 
袖も全部で3つのパーツに切り替えられていて、肩からの立体的なラインが美しいです。

ショルダーラインは単なるラグランスリーブではなく、細かい切り替えやロックミシンのようなステッチ、

またはヨークの切り替えなどによってとにかく細かいディテールで構成されています。

極上の素材と特殊なパターンが織りなす最高の着心地は、他のどの洋服にも無いと言っても過言ではありません。



店頭でさらっと触っただけで、「あっ、これなんか違う」と気づいていただけると思います。

シェル素材のアウターだけではなく、普段のメインの洋服であるカットソーにもやはり並々ならぬこだわりが詰まっていました。

ぜひ一度店頭で触れてみていただきたいです。






ACRONYM (アクロニウム)のアイテムはこちらからもご購入いただけます。

 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

ACRONYM (アクロニウム)

ACRONYM アクロニウム S14-BR Crewneck Sweatshirt クルーネックスウェットシャツ グレーメランジ



※ACRONYM(アクロニウム)の商品や通販に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

CIENTO

TEL:0172-34-0400
営業時間 11:00〜20:00

MAIL:cientoinfo@ciento.co.jp
※メールは24時間受付しております
 
| ACRONYM | 12:23 | - | - |
ACRONYM (アクロニウム)のJ51-WS Windstopper Climashield Hooded Jacket
JUGEMテーマ:ファッション


前回、中綿にClimashield(クライマシールド)を使用したロングコートをご紹介しました「acronym (アクロニウム)」から、

同じくClimashield(クライマシールド)を使用しさらにボディーにWindstopper(ウィンドストッパー)を採用した

「J51-WS Windstopper Climashield Hooded Jacket」をご紹介します。

オフィシャルサイトではデザイナーの「エロルゾン・ヒュー」自らが着用しプロモーションしています。

こちらもアクロニウムらしく、機能素材を贅沢に使用した超高機能ウェアと呼ぶにふさわしい仕上がりです。




 
アクロニウム Windstopper Climashield Hooded Jacket.jpg

J51-WS
Windstopper Climashield Hooded Jacket







 
アクロニウム クライマシールドジャケット.jpg


 
2L GORE WINDSTOPPERをボディに使用し、完璧な防風性、防水性、透湿性を完備しています。

シルキーできめの細かいマットな質感のファブリックは、肌触りも優しくシェル系の素材特有の硬さやゴワツキなども皆無。

とにかく快適な着心地でずっと着ていたくなるアウターです。


WINDSTOPPER自体にもある程度の断熱性がありますが、さらに中綿には軽量で抜群の保温性を誇るClimashield(クライマシールド)を採用することでかなりの高レベルな保温性を実現しています。


 

acronym j51-ws.jpg


 
他アウターなどにも見られますが、エロルゾンのデザインの特徴とも言えるのが計算されつくした立体的なパターン。

ショルダーからアームにかけてのラインやボディーからネックまでの自然なのぼり部分は、巧みなパターンの組み合わせで無駄の無い立体的な構成。

袖を通した時の独特な着心地の良さはこのようなパターンがなす結果です。

 
アクロニウム クライマシールドフード付ジャケット.jpg

アクロニウム クライマシールドフーデッドブルゾン.jpg
 



フードのドローコードもアクロニウムならではのポジションで、しっかりホールドしても視界を妨げないように配置されています。

フードへと続くネックラインは、顔の半分ほどが納まるほどの十分な高さがあり風雨の侵入を防ぎます。

悪天候の際には非常に心強いアイテムとなるはずです。


 
アクロニウム クライマシールドフード付ブルゾン.jpg

アクロニウム クライマシールドフーデッドジャケット.jpg
acronym クライマシールド.jpg




アームにはMA-1に見られるようなユーティリティポケット付。

また、内側のポケットは他モデルにも見られる、両方向からアクセス可能な2wayジッパーの仕様。

フロントの2室と合わせて、トータルで5室のポケットを装備しています。



 
アクロニウム クライマシールドブルゾン.jpg



着丈はすっきりとショートバランスでWジッパー仕様。

上からさらにシェルアイテムなどを合わせても絶妙に着丈がおさまるバランスです。


 
アクロニウム pro shell.jpg



適度なボリュームの中綿なので、ゴアテックスなどのシェルアイテムのインナーアイテムとしても着用可能です。

これにアクロニウムのゴアテックスを合わせれば、極限状態でも通用する完璧なアウターとして機能します。

アクロニウム以外でもゴアテックスなどのアウターをお持ちの方はぜひ。



 
アクロニウム jacket sling.jpg


 
アクロニウムのアウターにアイコン的に搭載されている「Jacket Sling」。

必要のない時にストラップを使って背負うことができます。

実用性のあるシステマチックなディテールはやはりここの真骨頂とも言えます。




各ディテールをこの場でお伝えする事は出来ますが、

「acronym(アクロニウム)」のアイテムは実際に袖を通して着用する事で気づく魅力も多いです。

袖を通した瞬間に感じる着心地の良さや計算された機能的ディテール、最高品質のファブリックなどなど。

ファッションアイテムという視点で見れば、確かに安価とは言えないウェアですが、それを上回るほどの満足感が必ず得られるはずです。

「他と差が付く」といえばやや出過ぎたような響きが漂ってしまいますが、そう言わざるを得ない、というのが実際のところです。

世界的にも確固たる存在として位置づけされるacronym(アクロニウム)の「超高機能ウェア」。

まずはその眼で手でお確かめください。




ACRONYM (アクロニウム)のアイテムはこちらからもご購入いただけます。

 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

ACRONYM (アクロニウム)

ACRONYM アクロニウム J51-WS Windstopper Climashield Hooded Jacket ウィンドストッパークライマシールドフーデッドジャケット ブラック

ACRONYM アクロニウム J46-S/HD Gabardine Climashield Coat ギャバジンクライマシールドコート ブラック

ACRONYM アクロニウム J46-S/HD Gabardine Climashield Coat ギャバジンクライマシールドコート オリーブ



※ACRONYM(アクロニウム)の商品や通販に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

CIENTO

TEL:0172-34-0400
営業時間 11:00〜20:00

MAIL:cientoinfo@ciento.co.jp
※メールは24時間受付しております




 
| ACRONYM | 12:13 | - | - |
ACRONYM (アクロニウム)のJ46-S HD Gabardine Climashield Coat
JUGEMテーマ:ファッション
 

acronym 15aw.jpg




今日ご紹介の<ACRONYM>のデザイナー、「エロルゾン・ヒュー」は、過去には「ARC'TERYX」や「Burton」など、

様々なブランドの外部デザイナーとして活躍し、現在では、「Stone Island Shadow Project」、「Herno Laminar」、

そして最も記憶に新しい、「NIKE ACG」をプロジェクトとして抱えるなど、今最も注目されているデザイナーの一人です。



自身がGORE-TEX社のアドバイザーである事から、常にGORE社の最新素材を使用して、

ミリタリー、アウトドア、モードなどの要素を持った実験的なコレクションを発表しています。


全く同じものを、2シーズン、3シーズンとリリースすることなく、

例えば、1つのアイテムに「1.0」などのコードを付け、次コレクションではアップデートの余地があれば、

「1.1」や「2.0」などとして発表しますが、既に完成されたとみなされたプロダクトは、

その後同じものとして発表されることはありません。


そのようなプロダクトに対する考え方は、他のファッションブランドとは全く異なるアプローチと言え、独特な世界観が見て取れます。

それでこそ、毎シーズン、ブランドのファンは

「今度は何を発表してくれるのか」、期待せずにはいられないブランドです。


<ACRONYM>のプロダクトは、「超機能的ウェア」と言われるほど、最高の素材と想像を超えるスペックを盛り込んでいるので、

やはり高価なプロダクトとなっていますが、その分、長い期間、満足感を持ち続けながら着用できるウェアです。

国内での取扱店舗も多くはありませんので、ぜひ実際に触れていただきたいと思います。



2015A/Wコレクションからこちらのコートをセレクトしました。



 

アクロニウム 中綿入りコート.jpg
J-46-S
"HD Gabardine Climashield Coat"
BLACK
ACRONYM 2015 A/W COLLECTION


アクロニウム コート.jpg

アクロニウム 中綿入りコート ブラック.jpg

acronym climashield コート.jpg

アクロニウム コート ブラック.jpg



アクロニウム コート オリーブ.jpg
J-46-S
"HD Gabardine Climashield Coat"
OLIVE
ACRONYM 2015 A/W COLLECTION


acronym コート オリーブ.jpg

acronym logo tape.jpg

acronym Jacket Sling.jpg

 


高密度のコットンギャバジン素材を使用した、各部にアクロニウムらしい機能性が盛り込まれた中綿入りのコートです。


フロントは2列のジッパー仕様。

メインのフロントを閉める役割のものと、首元からの風の侵入を防ぐためにネックラインを閉める役割のものが配置されています。

フロントのジッパーの並びにはさらにリボンテーピングをベースにしたスナップボタンが配置され、フロントからの風や雨の侵入を完璧にシャットダウンします。

この高密度のコットンギャバジンは完全防水ではありませんが、非常に高い撥水性と防風性を持っているので、保温性は抜群です。

さらに、中綿には軽量で高い保温性を持つことで知られる"Climashield"を使用しているため、完璧な保温性を実現しています。



ポケットは、外側に4室、内側に2室の全部で6室。

フロントのフラップ付のポケットとは別に、やや後ろ側に配置されている止水ジッパーのポケットは、絶妙な角度で手の出し入れがしやすくなっています。

内ポケットは2方向からのアクセスが可能なポケットを左右に配備して操作性が高くなっています。


襟元には、アクロニウムが特許を持つ、"ForceLock"を配置。

これはネオジウム磁石入りのイヤフォンを固定しておける、取り外し可能なタブでアクロニウムのアイコン的ディテールです。


そして、着用しない時にコンパクトに背負える着脱式のストラップ、"Jacket Sling"を内側に装備しています。




素材の良さや機能的なディテールは文章でピックアップするだけでは伝わらないものがあります。

実際に試着をしてみて気づく、気の利いたディテールもあるかもしれません。

ぜひこの機会に<ACRONYM>の世界観を体感してください。





ACRONYM (アクロニウム)のアイテムはこちらからもご購入いただけます。

 ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

ACRONYM (アクロニウム)

ACRONYM アクロニウム J46-S/HD Gabardine Climashield Coat ギャバジンクライマシールドコート ブラック

ACRONYM アクロニウム J46-S/HD Gabardine Climashield Coat ギャバジンクライマシールドコート オリーブ




※ACRONYM(アクロニウム)の商品や通販に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

CIENTO

TEL:0172-34-0400
営業時間 11:00〜20:00

MAIL:cientoinfo@ciento.co.jp
※メールは24時間受付しております
| ACRONYM | 10:14 | - | - |
極限状態をサバイブ出来るタウンウェア 「 ACRONYM(アクロニウム )J27-GT HARDSHELL GORE-TEX PRO FIELD JACKET 」
JUGEMテーマ:ファッション



この春、店頭デビューとなった新ブランド「ACRONYM(アクロニウム)」を紹介をさせて頂きます。


ACRONYM(アクロニウム)」は2002年、ドイツにてスタート。

デザイナーであるErrolson Hugh(エロルゾン ヒュー)はARC' TERYXやBurton等、様々なブランドの外部デザイナーとしてそのブランドの顔とも言えるアイコン的な数々のデザインを世に送り出して来ました。

ACRONYUMのコレクションはミリタリーやアウトドアの要素を取り込んだ洋服、ギアの機能レベルを下げる事無く極限まで洗練させたもので都会の街中でも違和感を与えないファッションレベルでありながら、気候的に厳しい環境の中にも出て行けるという現存する中では最高の"外出着"を目指しています。

*ARC' TERYXの代表プロダクト、「Arro」のフロント斜めジッパー、Burtonの「I Pod  JACET」のデザインは彼によるもの。
以前、発表されたニュースではErrolson Hugh(エロルゾン ヒュー)が2015年秋冬シーズンからNIKE ACGのディレクターに就任するという話題が各メディアに取り上げられましたね。

前置きが長くなりましたが今回入荷になったプロダクトは画像のモデル。

CIENTOではこのシェルジャケットのみに絞っての展開となります。


07.jpg
09.jpg
ACRONYM J27-GT HARDSHELL GORE-TEX PRO FIELD JACKET 
BLACK ¥180000+tax


GORE-TEX NEW 3L PROを使った全く新しいシェルジャケット。

通常、GORE-TEX PROのスペックを持つ素材をマウンテニアリング系ブランド以外は使用する事は出来ないのですがデザイナーであるエロルゾン ヒュー氏がゴアテックス社のアドバイザーである為、カジュアルブランドでは世界唯一使用出来たという特別な一着。

様々な機能を内包しながらも外見は限りなくシンプルになる様デザインされています。


11.jpg


どんなスタイルにもニュートラルなスタンスでコーディネート出来る洗練された美しいシルエット。

軽量で他の衣服に対してのレイヤードによるストレスの無い着心地は言うまでもなく、都市生活者の為のユーティリティが考え尽くされています。

背中部分に見えるストラップはアウターを脱いだ時にコンパクトに背負える着脱式のジャケットスリング。


19.jpg


フロントジッパーはYKK社製のエスケープジッパー。

これは消防士が熱を持った上着を瞬時に全開に出来、脱ぎ捨てられる様開発されたパーツ。

スナップボタンは3世代に渡って緩まず使用し続けられる事を念頭に置いてデザインされた特別な部材。


16.jpg


車内や機内、狭い所でも容易にモノを取り出せるポケットの配置と。


20.jpg


近未来の衣服を感じさせるACRONYMの有名なデザインであるグラヴィティーポケット。

画像の携帯電話の他、デジカメまで収納出来る様になっています。

細かいデティールの数々に注目して取り上げましたが、肝心のシルエットや着心地に実物をじっくり見ると、とても高価ですが納得して頂ける筈です。

昨今のファッションキーワードである「アーバンアウトドア」から一線を越えた魅力が詰まっています。

これは必見です。極限を超えられるプロダクトがここに有ります。

2015年の現段階で最高の技術、デザインを詰め込んだシェルジャケットと今後が注目されるデザイナー、Errolson Hugh(エロルゾン ヒュー)の動向。

共に目が離せません。





既にご存知の方も多いとは思いますが現在、店頭ではコチラのフェアが開催中です。



 
「日専連カード 分割手数料“0”セール」

3月20日(金)〜31日(火)

 

手さ.gif



期間中、日専連カードをショッピングにご利用すると、3・5・10回払い、ボーナス2回払いのお客様手数料をサービス。

※「Cカード」を含む、日専連ホールディングス発行のカードが対象です。

是非、ご利用下さい。

引き続き皆様のご来店、お待ちしております。


 


本日のインフォメーションや、ACRONYM(アクロニウム)の通販に関するお問い合わせは、

0172−34-0400

またはcientoinfo@ciento.co.jpまで。


CIENTOのFacebookがスタートしています。

ファッションに関する情報を中心にさまざなトピックを盛り込んで情報発信しておりますので、こちらからもぜひご覧ください。

CIENTO Facebookページ

CIENTOWEBSTORE Facebookページ

もよろしくお願い致します。


 
| ACRONYM | 12:12 | - | - |
| 1/1PAGES |