5月は11日、18日がお休みとなります。
定休日.jpg
facebookページはこちらから
20130902_677817.gif
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
太陽のための生地「SOLARO(ソラーロ)」のスーツ

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

今回は、久々にクラシックなスーツのご紹介です。

 

 

ringjacket 184A RT027S14X.jpg

RING JACKET  RT027S14X  WOOL100%  ¥130,000+tax

 

 

日本屈指のファクトリーブランド「RING JACKET(リング・ヂャケット)」謹製のスーツです。

 

モデルは定番モデルの No184 、三つボタン段返りでフラップポケットのサイドベンツ仕様です。

 

 

ringjacket 184A RT027S14X ラペルアップ.jpg

 

 

そして、素材がなんとネイビー×ブルーの「SOLARO(ソラーロ)」なんです。

 

通常のソラーロはベージュと赤の組み合わせがスタンダードで、生地の表面に複雑な光沢があり、

 

イタリアでは夏の素材の代表格です。

 

本来は光沢をもたせることによって日差しを反射させ、かつ生地の色褪せを防止する機能が

 

あったようですが、現在ではもっと涼しく過ごせる素材が色々と開発されているので、

 

あくまで夏の雰囲気を楽しむ素材と言えるでしょう。

 

最近では素材もコットンにのせ替えたり、あるいはベージュだけではなく様々な色のソラーロも

 

作られています。

 

ソラーロと言えばベージュなんでしょうが、正直なところ日本人には難易度が高いですし、

 

冠婚葬祭やビジネスシーンでも難しい色だと思います。

 

 

ringjacket 184A RT027S14X 裏仕様.jpg

 

 

そんな時、このネービー×ブルーのソラーロはいかがでしょう。

 

ご覧のように裏から見ると、下糸にブルーが使われているのが分かります。

 

 

ringjacket solare.jpg

 

 

シンプルに見えるネイビーのヘリンボーン織りですが、

 

ご覧のように陽の光を浴びると、複雑な光沢感を放ちます。

 

ネイビーと白の潔いコーディネートが生地の良さを際立たせます。

 

 

リングヂャケット ソラーロ.jpg

 

 

英語では「サン クロス」と呼ばれる「SOLARO(ソラーロ)」。

 

太陽のような、太陽のためのスーツ。

 

これからの季節にいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

| RING JACKET | 14:28 | - | - |
リングヂャケットのニューモデルスーツとフェアファクスの秋の新作ネクタイ

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

先日ご紹介した日本を代表するファクトリーブランド「リングヂャケット」の

 

ニュークラシックモデルから、新たなファブリックのご案内です。

 

 

リング・ヂャケット.jpg

 

 

NO.269E/RT026F44X ¥129,600-(税込)。

 

 

リングヂャケット RT026F44X アップ.jpg

 

 

アップで見ると、ややカスリ調のザックリとした素材感で、

 

配色はネイビーに明るいブルーがミックスされています。

 

 

リングヂャケット ゴージライン.jpg

 

 

やや低めに設定されたゴージラインは、立体的な曲線を描いていて、

 

ハンドワークでハシゴ掛けされているのが、一目瞭然です。

 

 

リングヂャケット 袖付け.jpg

 

 

袖付けはマニカカミーチャと呼ばれるシャツ袖で、

 

雨が降る様に似ていることから、日本では「雨ふり袖」という呼ばれ方もします。

 

 

リングヂャケット 首のノボリ.jpg

 

 

「富士の裾野のような」と表現されることもある綺麗なノボリのライン。

 

このようなラインを描くように付けられた衿だと、首の付根近くに重心がかかるので、

 

上着の重さが肩全体に掛かり、結果的に非常に軽く感じます。

 

これを「仕立てによる荷重の分散」と言います。

 

 

リングヂャケット 後姿.jpg

 

 

男性的なガッチリとした肩まわりから、ウエストはグッとシェイプされています。

 

今回のニューモデルの特長の一つです。

 

 

 

秋の新作ネクタイをコーディネートしてみましょう。

 

 

FAIRFAX ストライプタイ.jpg

 

 

フェアファクスのオリジナルストライプで¥9,000−(税込)。

 

ブラウンベースにネイビーのストライプでのコーディネートは、

 

「アズーロ・エ・マローネ(ブルーとブラウン)」のテッパンの組み合わせです。

 

 

FAIRFAX レジメンタイ.jpg

 

 

次は、ブルーのワントーン・コーディネートで。

 

コチラのネクタイもフェアファクスオリジナルで、¥9,000−です。

 

 

FAIRFAX ペイズリータイ.jpg

 

 

もう一度、「アズーロ・エ・マローネ」のカラーコーディネートで。

 

大柄のペイズリーはクラシックな雰囲気が漂います。

 

 

ドレイクス サテンソリッドタイ.jpg

 

 

ネイビーのソリッド・タイでシャープなコーディネート。

 

ドレイクスの定番で、シルクサテンを使ったタイプです。

 

スーツの生地と、素材感を敢えて変えてみました。

 

 

ドレイクス ドットタイ.jpg

 

 

ネイビー✕ホワイトのオーソドックスなドットですが、

 

久々に見るととても新鮮です。

 

ドレイクスのシルク生地は打込みが良く、シッカリとして肉厚なので、

 

とても締めやすいです。

 

ドット、サテンのソリッド、ともに¥13,000−(税込)です。

 

 

 

クールビズが終わってからの最初の一本、

 

そろそろ選んでおいてもいいんじゃないでしょうか。

 

| RING JACKET | 11:57 | - | - |
リングヂャケットのニューモデルは新たなクラシックの提案です

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

1954年、「注文服のような着心地の既製服を作ろう」という決意のもと

 

リングヂャケットは設立されました。

 

卓越した職人の技術と最新の機械がもつ技術、厳選された良質な素材という

 

3つの要素にこだわることで、高い質感をもつスーツを作り続けています。

 

 

 

そんなリングヂャケットから、今シーズンデビューのニューモデルが入荷しました。

 

 

ring jacket 269E RT026F43F.jpg

 

 

NO.269E/RT026F43F ¥140,400-(税込)、よりクラシックな雰囲気が特徴的なモデルです。

 

 

ring jacket 269E RT026F43F ラペル.jpg

 

 

少し低いゴージ位置に、9センチの広めなラペル。

 

 

ring jacket RT026F43F ラペルのロール.jpg

 

 

三つボタン段返りで、ラペルは綺麗にロールしています。

 

 

ring jacket 269E RT026F43F 袖付け.jpg

 

 

肩まわりのフォルムは丸みを帯びており、袖付けはマニカ・カミーチャ(シャツ袖)で

 

仕立てられています。

 

 

ring jacket RT026F43F ウエスト.jpg

 

 

ボリュームのある胸回りからは対照的に、ウエスト部分は現代的に絞られていて、

 

ポケットはクラシックな両玉縁ポケットとなっています。

 

 

ring jacket 269E RT026F43F 衿ののぼり.jpg

 

 

丁寧なアイロンワークにより、衿のノボリのラインは富士の裾野のような綺麗なラインを描きます。

 

 

ring jacket 269E RT026F43F 後姿.jpg

 

 

衿のノボリから繋がる丸みを帯びた肩のフォルム、そしてウエストのシェイプは

 

新たなナポリスタイルを表現しています。

 

 

ring jacket 269E RT026F43F 上半身.jpg

 

 

ブラウンのバーズアイに、ブルーではなく敢えて選んだラベンダーカラーのセミワイドは、

 

「HITOYOSHI SHIRTS(ヒトヨシシャツ)」のパターンオーダーです。

 

2インチ幅のストライプタイは「Michael J Drake's」でコーディネートしてみました。

 

 

日本を代表するテーラードブランドの一つ、「リングヂャケット」の着心地を

 

是非一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

| RING JACKET | 12:04 | - | - |
ジャケットを一着、だったら RING JACKET(リングヂャケット)のバルーンで決まりです。
JUGEMテーマ:ファッション


12月に入り、チョットしたパーティーや忘年会、さらには新年会、、、

お世話になった方へのご挨拶や会食など、ジャケットくらいは軽く羽織って、

という機会も増える季節になって来ました。


スーツは持ってるけど、そう言えばジャケットは持ってない。

あるいは、もうだいぶ前に買ったものでサイズも合わないし、今年は新調しようかな、とご検討中の方。

まず一着買うのなら、最も着回しのきくネイビー無地のジャケットをお勧めします。


ネイビージャケットと一口に言っても、様々な素材やブランド等ありますが、

今日ご紹介する RING JACKET (リング・ヂャケット)のバルーンウールなら間違いないでしょう。


RIMG2435 (600x450).jpg
RING JACKET NO236 RT055F10 ¥66,000+tax

RIMG2430 (600x450).jpg


バルーン素材は、非常に強いクリンプを持つ特殊なウール素材です。

熱を加えると、驚くほど、、、そう、まさに風船のように膨らみます。

カットソー生地と見間違うかのような抜群の膨らみ、崇高性、ソフトさ、そして伸縮性。

しかも、編み物ではなく織物ならではの生地の安定性があるのが最大の特徴です。




それでは、バルーン素材のネイビージャケットを使ったコーディネートで、

着回しの良さをご覧下さい。


RIMG2429 (600x450).jpg


まずは、ビジネススタイル。

ブルー系のドレスシャツに、少しメリハリをつけてパープル系のストライプタイ。

パンツは、オーソドックスにグレイのヘリンボーン。



RIMG2434 (600x450).jpg


次は少しだけカジュアルダウンしてみました。

ブルー系のチェックのシャツに、デニム風のベスト。

ボトムはクリース入りのチノパンです。

ネクタイの素材を選べば、タイドアップもイイですね。



RIMG2428 (600x450).jpg


最後は、完全カジュアル仕様です。

白のタートルネックに、程よく色落ちしたデニム。

どことなく余裕を感じる大人の休日スタイルです。



ビジネスからカジュアルまで、汎用性の高いネイビージャケット。

コーディネートの振り幅が大きければ、着る機会も増え、

結果としてコストパフォーマンスの高い買い物になると思います。

選ぶなら、素材も創りも納得のいくモノを選んではいかがでしょうか。
| RING JACKET | 12:00 | - | - |
| 1/1PAGES |