6月は8日、15日がお休みとなります。
定休日.jpg
facebookページはこちらから
20130902_677817.gif
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
クチュリエ仕立てのシャツ。Finamore(フィナモレ)のNEWコレクションが揃いました。
JUGEMテーマ:ファッション

ナポリのクラフツマンクラフツマンシップを今に伝えるフィナモレのシャツ。

春夏も大変ご好評を頂いておりましたが、秋冬のNEWコレクションが揃いました。

シルエットの美しさ、ディティールの細部にまでわたる完成度の高さはすでにご存知のことと思いますので、

早速見ていきましょう。

フィナモレチェック2色.jpg

まずはフィナモレといえば、チェック。

向かって右側は、ネイビー×ブラウンのチェック。左側がオレンジ×グレー。

フィナモレネイビーチェック.jpg

フィナモレオレンジチェック.jpg

素材はオクスフォードで、衿型はLUIGI(ルイージ)。少しぶりブリティッシュな雰囲気のワイドスプレッドです。

こういったシンプルなチェックこそ、実は合わせやすくて着回しも効くので活躍の機会が多くなります。

フィナモレデニム風.jpg

そして、こちらもルイージの衿型で、デニム風の素材です。

シャンブレーを始め、この辺はもはや定番と言ったところでしょうか。

見た目はデニムですが、風なだけでとっても柔らかく着心地のいい素材です。

一枚でカジュアルに着こなすのもいいですが、ツイードのジャケットにウールのネクタイなんかもバッチリです。

フィナモレプリント2色.jpg

最後はチェックと共に人気のあるのが、プリント物。

右側は一年中着られるブロード地に小紋柄、左はこれからの季節にピッタリなコーデュロイに花柄のプリント。

フィナモレ小紋プリント.jpg

フィナモレ花ガラプリント.jpg

この二枚は春夏から継続の衿型、SIMONE(シモーヌ)でオーダーしました。


個人的に今回のイチオシ、オレンジ×グレーのチェックを使ってコーディネートのご提案です。

フィナモレ×ザノーネカーデ.jpg

フィナモレ×ザノーネカーデアップ.jpg

ZANONE(ザノーネ)の人気モデル、立襟のカーディガン「KYOTO」を羽織ってタイドアップしてみました。

もちろんネクタイ無しでも十分いい感じですが、オフィスで上着を脱いでカーディガン、

て言うシチェーションもあると思います。

そして、今シーズン注目の着こなしがこちら。

フィナモレ×ザノーネタートル.jpg

シャツにタートルネックのコーディネートです。

ポイントは、インに着たシャツの襟立、アンド、カフスのターンナップ。

フィナモレ×ザノーネタートルネックアップ.jpg

フィナモレ×ザノーネタートルカフスアップ.jpg

一枚で着たシャツの襟を立てるようないやらしさも無いですし、何より襟元と袖口からチラリと覗いたチェックが

程よいアクセントになります。


御覧頂いた全5型が今シーズンのフィナモレのNEWコレクションになります。

もちろん、お約束のバック付きです。お早めに。
| Finamore | 12:02 | - | - |
手縫いならではの着心地をを楽しんでください!「Finamore(フィナモレ)のハンドメイドシャツ」
JUGEMテーマ:ファッション
 今日ご紹介するのは、ナポリの熟練したカミチェリアのクラフツマンシップを今に伝える

フィナモレ(Finamore)。




祖母のカロリーナが、ナポリの中心部にアトリエを開いたのが1925年のことでした。

その後息子のアルベルト、さらにその子供たちへと引き継がれ、完成度の高いシャツを作り

続けています。



例えばボタンですが、鳥足付けと呼ばれる方法で、手縫いでしっかり付けられています。

鳥の足跡のように見えることからそう呼ばれていますが、ミシンではこの様につけることが

絶対出来ないのです。




それから、裾の補強のために付けられるガゼットも丁寧にハンドで付けられています。




これは、袖の付け根を裏から見たところですが、こちらも綺麗に手でまつり縫いされていま

す。

袖付をハンドで行うことによって前振りで、より立体的に付けられるので、タイトフィット

でいながらより着やすいシャツとなります。




アップばかり見ていてもしょうがないので、今シーズン活躍しそうなベージュの

コットンリネンのジャケットに合わせてみました。




シモーヌと呼ばれる新しい衿型は、5ミリ低くなってよりスッキリとした印象です。




最近人気のシャンブレー素材もチョットひねったロープ柄で、マリンな雰囲気が漂います。



もう一つ、こちらも今年注目の花柄です。コットンニットにコーディネートしましたが、

もちろんジャケットにもバッチリです。


どれも洗いをかけたウォッシュ加工で、フィナモレの代名詞なっているシリーズです。

最初のグリーン×ラベンダーのチェックが、¥25,200−

ロープ柄のシャンブレーと花柄が、¥27,300−です。

他にも入荷の予定がありますので、お楽しみに。



本日のインフォメーションやFinamore(フィナモレ)の通販に関するお問い合わせは

0172−34-0400
| Finamore | 12:18 | - | - |
| 1/1PAGES |