Instagramはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< まだまだ紹介しきれてない新作がいっぱいです!! | main | Acne (アクネ) を選ぶ人に悪い人はいない!? 良い人に見えちゃいます?! >>
英国靴と言えば、Church's(チャーチ)! Church's(チャーチ)言えば、CONSUL(コンサル)!! CONSUL(コンサル)の次は、そうDIPLOMAT(ディプロマット)!!!
JUGEMテーマ:ファッション

Churchs DIPLOMAT  ライニング.jpg

タイトルに長々と書いてしまいましたが、

ライニングの一番下に刻まれたDIPLOMATの文字が今日ご紹介するモデル名。

DIPLOMAT(ディプロマット)。直訳すると外交官。

この一足でどんな場面にも対応できる。そんな意味合いでもあるのでしょうか。

以前ご紹介したCONSUL(コンサル)といい、

ネーミングがなんとも英国っぽいというか、Church'(チャーチ)らしい感じです。


前置きはこのへんにして、では。

Churchs DIPLOMAT?.jpg
Church's DIPLOMAT ¥72,000+消費税

コレを見て「えっ」と思った方は、かなりの靴好きな方!

オールマイティな外交官、というイメージからは程遠いスエード素材。

そもそもDIPLOMAT(ディプロマット)には、カーフのブラックとブラウンの2色だけのはず。

そうです、ニューモデルなんです!

やや毛足の長いソフトスエードを使ったタイプ、色はこのダークブラウン1色。

ラストはもちろん173で、ワイズは安心のFワイズ。日本人にはとても履きやすいラストと言えるでしょう。

角度を変えてじっくりご覧下さい。

Churchs DIPLOMAT?.jpg

Churchs DIPLOMAT?.jpg

Churchs DIPLOMAT?.jpg

Churchs DIPLOMAT?.jpg

スエードと聞くと雨に強いことから秋冬の靴と思う方も多いと思いますが、そんなことはありません。

むしろ適度にカジュアル感が出ることからここ1〜2年は春夏のアイテムとして大変人気です。

こんなコーディネートはいかがでしょうか。

Churchs DIPLOMAT コーディネート.jpg

L.B.M.1911のコットンリネンのジャケット(¥66,000+税)、

トルステートオリジナルのバティック風プリントのボタンダウン(¥15,000+税)、

パンツは何でもイケますね。

ドレスっぽく行くんだったら定番のグレイのスラックス、

カジュアルに合わせるんだったらホワイトジーンズ、もちろんブルーデニムでもオッケーです。


今年は是非、春夏のスエード靴にチャレンジしてみませんか。



 
| Church's | 09:57 | - | - |