Instagramはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< MARNI (マルニ) × PORTER (ポーター) の第2弾が到着しました。 | main | hazyway hobo2015ss がスタート。まずはSunbrella Acrylic Backpack 26Lから。 >>
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)のホリデーラインで新年を迎えませんか?
JUGEMテーマ:ファッション

RIMG1319 (500x375).jpg


英国第2の都市バーミンガムから北西のウォルソールにあるホワイトハウスコックス社は

1875年にホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏によって創業しました。

創業当初から1920年代までは鞍や手綱などの高品質な馬具用品、そして英国軍などからの

依頼を受けた軍需用のアイテムをメインに製造してきました。


1930年代に入ると大きな変革の時を迎えることになります。

ペット用の首輪やリードの製造を開始したり、当時の英国上流階級の人々から要望を受けて、

カフスボタン入れ、シャツ用カラーボックス、またシェービングキットなど、

スモールレザーグッズの生産を開始し、ファッションアイテムへの参入を強化することになるのです。


第2次世界大戦後はバッグやラゲージなどのファッション性の強いアイテムが、

コレクションに加わるようになってきました。

1930年代以降に製造されたアイテムの殆どが、乗馬用の鞍や手綱に多く使用されていた

ブライドルレザー製で、当時としては非常に斬新なアイデアでした。


1970年代後半、またもやホワイトハウスコックスに大きな転機が訪れます。


それまでは英国内での百貨店や専門店が主なマーケットだったのですが、

高級百貨店「ハロッズ」のペット用品コーナーで、ブライドルレザーで作られた犬の首輪や、

丁寧に手で編まれたメッシュのリードを見たニューヨークのデザイナーのラルフ・ローレン氏から、

それを元に人間用のベルトにアレンジしたいとの依頼を受け、それをポロブランドで商品化したところ、

後の大ヒットに繋がったのです。

この噂を聞きつけた世界中のバイヤーやデザイナーから数々のオーダーを受け、

マーケットは英国内にとどまらず世界中に広がりました。


現在も常に時代にマッチした、英国風ライフスタイルの真髄を追求した様々なレザーグッズの

製造を続け、ホワイトハウスコックスの伝統は受け継がれているのです。

現在のブライドルレザー製品も1930年代同様に、伝統に裏打ちされた確かな技術力によって

当時と同じ製法で作られています。


RIMG1317 (500x375).jpg

その中でも、日本では毎年この時期リリースされる「ホリデーライン」のシリーズが

ここ数年大変好評を得ています。

2色のブライドルレザーを使った2トーンシリーズで、毎年限定生産で作られています。

モデルも数種類作られますが、今年のオススメは何と言ってもジップ付きの長財布。

S2622 ZIP ROUND RURSE、通称ラウンドジップです。


RIMG1324 (500x375).jpg

今年のカラーは、ブラック×レッド、ネイビー×オレンジ、マリーン×イエロー、ハバナ×オレンジ、

の4色展開です。

RIMG1320 (500x375).jpg

ブラック×レッド。

2009年にも作られたカラーで、その年のホリデーラインで一番人気のカラーでした。

RIMG1323 (500x375).jpg

ネイビー×オレンジ。

オレンジは今回の新色です。女性のお客様に人気です。

RIMG1321 (500x375).jpg

マリーン×イエロー。

このカラーも、昨年2013年に作られたカラーで、やはり一番人気のあったカラーです。

外側のマリーンは、定番のネイビーに比べやや明るめのカラーです。

RIMG1322 (500x375).jpg

ハバナ×オレンジ。

こちらも新色のオレンジを使ったカラーリングで、唯一外側に茶系のカラーが使われています。


RIMG1327 (500x375).jpg
Whitehouse Cox Holiday Line S-2622 ¥44,000-

RIMG1326 (500x375).jpg

出し入れのしやすさと大容量で人気のラウンドジップタイプ、

どうせだったら長く使えて、エイジングも楽しめるホワイトハウスコックスはいかがでしょうか。

それも限定生産の「ホリデーライン」だったら、より一層愛着が湧いてくると思います。


新年を迎える時に、新しいお財布に変えるのは風水的にいいタイミングらしいです。

お金は綺麗なお財布を好むので、クレジットの控えやレシートはこまめに整理するほうが、

お金が入ってくるそうです。

おまけに、綺麗で居心地のいい財布からはお金は出て行かないそうです。


新しいお財布で新年を迎えてみませんか。
| Whitehouse Cox | 12:03 | - | - |