11月は14日(木)と21日(木)がお休みとなります。
定休日.jpg
facebookページはこちらから
20130902_677817.gif
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 久々に... | main | この夏、着るしかないName(ネーム) &MR.EVERYDAY’S(ミスターエブリデイ)のビッグTシャツ!! >>
Church's(チャーチ)のConsul(コンサル)再入荷です!
JUGEMテーマ:ファッション


長い間品切れとなっていた、Church's(チャーチ)のストレートチップ

「Consul(コンサル)」が再入荷しましたので、改めてご紹介します。


チャーチ コンサル 箱.jpg


チャーチは靴造りの町として有名なノーザンプトンのメープルストリート30番地に、

1873年小さな工房を開いたのが始まりです。

現在でも、チャーチはピューリタン革命時代から靴造りと密接な関係がある町

ノーザンプトンで靴を造り続けています。

工場はセントジェームス地区に位置し、グッドイヤーウェルト製法の紳士靴を造る単体の工場として

おそらくヨーロッパ最大の規模となります。

製造されるシューズのおよそ70%がイタリア・フランスをはじめとするヨーロッパ各国、

そしてアメリカ・カナダ・オーストラリア・香港など全世界に輸出されています。

また、映画007でも長らく使われていることで有名です。


チャーチは老舗のブランドだけあって、有名なモデルを多く取り揃えています。

Consul(コンサル)、Diplomat(ディプロマット)、Shannon(シャノン)、

レディースでも人気のBurwood(バーウッド)、、、

どのモデルも定番中の定番と言えるモデルばかりです。


チャーチ コンサル ?.jpg
Church's Consul 173 Black Calf Leather Sole ¥74000+tax


豊富な定番モデルの中で、もし最初に一足目のチャーチを選ぶとすれば、

Consul(コンサル)をお薦めしたいと思います。

コンサルは、王道のストレートチップです。

様々なブランドのストレートチップと比べても、極めて定番のスタイルです。


チャーチ コンサル つま先.jpg


チャーチ コンサル 上から.jpg


チャーチ コンサル ヒール アップ.jpg


ラストは「173」。

チャーチのドレスラインの中でも最も定番的なラストです。

ほんのりとロングノーズでラウンドトゥ、時代のスタンダードと言えるでしょう。

この一足があれば、ビジネスから冠婚葬祭まで、

どこへ行っても恥ずかしくない一足です。


チャーチ コンサル インソール.jpg


チャーチ コンサル アウトソール アップ.jpg


インソールを見ると、刻印されている都市名の数によっておおよその製造時期が分かります。

2000年にプラダグループに入ってからは、ミラノの都市名が加わりました。

2014年に東京・表参道に直営店がオープンし、最新のモノには「TOKYO」の文字も見えます。


チャーチ コンサル つま先 横から.jpg


チャーチ コンサル シューレース.jpg


チャーチ コンサル アウトソール.jpg


チャーチ コンサル ヒール (2).jpg


チャーチの靴は、革質も含めやや固めの印象です。

言い換えれば頑丈な造りと言うことが出来るでしょう。

イタリア靴のような柔らかさや色艶は無いですし、

アメリカ靴ほどのドッシリとした安定感もありません。

シルエットも含めて、やや無骨な印象があって、不変的で質実剛健なところが

チャーチの魅力ではないでしょうか。


チャーチ コンサル トウ.jpg


チャーチ コンサル トウ 上から.jpg


チャーチ コンサル トウ 横から.jpg


チャーチ コンサル ヒール.jpg


チャーチ コンサル ?.jpg


まず一足手に入れるべきストレートチップがあるとすれば、

チャーチのコンサルをお勧めします。
 
| Church's | 10:02 | - | - |