Instagramはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< CHARI&CO (チャリアンドコー)の春夏アイテムが入荷しています! | main | nonnative 2017 Spring & Summer Collection "Beer,Bread & Shellfish" LOOK BOOL配布のお知らせ。 >>
1本目は3センチ前後の黒のレザーで!

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

スーツを着る時に、もちろん一番気にするのはスーツ。

 

次に、シャツとネクタイのコーディネート。

 

予算的な関係もあって、その次に靴。

 

そして、一番最後、一番後回しになるのが「ベルト」ですね!

 

 

カジュアルなシーンで、ベルトレスでジーンズを履くという事はありますが、

 

スーツ着用時にはパンツのサイズにかかわらずベルトは必須アイテムです。

 

必ずベルトをするようにしましょう。

 

 

では、どんなベルトが良いのか?

 

まずは、本革製のベルトが一番です。

 

キャンバス製のものはカジュアルすぎますし、合皮製だと劣化しやすくヒビ割れてきます。

 

天然素材のほうが使い込むと馴染んできて、風合いが増してきます。

 

一度購入すると数年使える物なのでレザーのタイプをおすすめします。

 

 

ベルトの穴は5つが一般的なので、真ん中でとめるのを基準にサイズを選びましょう。

 

見た目のバランス的には4つ目でも綺麗に見えるので良いでしょう。

 

 

whitehouse cox b1859 バックル.jpg

 

 

デザイン的にはオーソドックスで、シンプルなものが一番です。

 

ブランドロゴが大きく入ったようなバックルや、

 

ステッチが目立つものは極力避けましょう。

 

 

whitehouse cox b1859 剣先.jpg

 

 

ベルトの幅は3センチ前後がおススメです。

 

4センチ以上だとカジュアル色が強くなるので、3〜3.5センチの幅が理想的です。

 

 

whitehouse cox b1859 cheaney alfred.jpg

 

 

スーツの着こなしのマナーとして、靴とベルトの色は合わせたほうが良いと言われています。

 

ドレス用の靴として一番最初に準備していただきたのが、

 

黒のストレートチップと言われますので、ベルトも黒が望ましいでしょう。

 

 

ここまでくると答えはでています。

 

一本目に選ぶべきベルトは、「3センチ幅の黒のレザーでバックルはシンプルなモノ」

 

ということになります。

 

 

という訳で、オススメの1本はコチラです。

 

 

whitehouse cox b1859 french calf 30mm dress belt.jpg

Whitehouse Cox B1859 FRENCH CALF 30mm DRESS BELT ¥17,000+tax

 

 

素材には上質なフランス産のカーフ、裏材には素仕上げのカーフを使い、

 

間に芯材を仕込んだ3層仕上げの3センチ幅。

 

フランス産カーフのマットで繊細な素材感と、

 

真鍮ニッケルコーティングの光沢が美しいバックルの組み合わせ。

 

ドレス用のベルトとしては最適な1本です。

 

 

ホワイトハウスコックスのレザーグッズを是非手にとってお確かめ下さい。

 

 

| Whitehouse Cox | 09:52 | - | - |