11月は14日(木)と21日(木)がお休みとなります。
定休日.jpg
facebookページはこちらから
20130902_677817.gif
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< CHARI&CO(チャリアンドコー)の"DINTEX PARADIGM JKT" | main | nonnative(ノンネイティブ)CARPENTER ZIP UP BOOTS COW LEATHER. >>
MACKINTOSH(マッキントッシュ)の DOWNFIELD(ダウンフィールド)

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

早いもので9月もあと数日、来週はもう10月です。

 

秋冬のお買物をスタートした方もいれば、まだの方もいるかと思います。

 

秋冬のワードローブはこれから、という方にはまず最初にアウターの購入をオススメします。

 

アウターは最も高額でコーディネートの中心ですので、バリエーションもサイズも揃っている

 

この時期に選ぶのが正解なんです。

 

 

そこで、ドレス系のアウターをお探しの方に見て頂きたいのが、

 

この「MACKINTOSH(マッキントッシュ)」のコートです!

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 1.jpg

MACKINTOSH DOWNFIELD GM-1005F  ¥163,000+tax

 

 

スタイル、シルエット、ファブリック、どれをとっても「ザ・スタンダード」。

 

5年後、10年後も安心して着れそうなベーシックなコートです。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 2.jpg

 

 

ネイビー系のヘリンボーン織りの素材。

 

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 4.jpg

 

 

袖口のストラップと共に、ポケット口のボタンもクラシックな佇まいです。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 5.jpg

 

 

脇にはゴム引きのマッキントッシュコート同様のメタルのベンチレーション。

 

もはやマッキントッシュのアイコンの一つです。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 6.jpg

 

 

そして、バックスタイル。

 

そうです、ベルト付きなんです。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 7.jpg

 

 

後ろで結んでおいても良いですし、フロントでキッチリとバックルで留めても良いです。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 8.jpg

 

 

こなれた感じでこんな風でもサマになります。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 9.jpg

 

 

さらに、このコートの最大のポイントはイタリアを代表する高級ファブリックメーカー

 

「ロロ・ピアーナ」の「ストームシステム」を使っているんです。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 10.jpg

 

 

繊維の1本1本に加工を施すことにより、水滴は布地に染み込むことなく表面を滑り落ちていきます。

 

さらに生地の裏側には独自の膜加工が施されており、防水・防風の優れた特性によって

 

体の温かみを逃しません。

 

汗などの水分は外へ逃しながら、外気の水分が内側に入るのを防いでくれるんです。

 

 

普段の通勤などにはダウンやナイロン系のアウターが便利ですが、

 

冠婚葬祭や忘新年会、パーティー等のシーンでは、やはりウールのコートの出番です。

 

毎シーズン買い換えるモノではありませんので、長く着れるモノがお薦めです。

 

 

マッキントッシュ ロロピアーナ ストームシステム 11.jpg

 

 

良いコートは無造作に掛けてるだけでもサマになります。

 

 

 

| MACKINTOSH | 10:04 | - | - |