facebookページはこちらから
20130902_677817.gif
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ステインリムーバー(靴用汚れ落し)のお話
JUGEMテーマ:ファッション


「クリーナーで汚れを落としてから、靴クリームを塗って、、、。」

よく靴のお手入れの説明をする時や、マニュアルに書いてある定番フレーズです。

クリーナー(靴用汚れ落し)についてはチューブ、液状、ムースなど様々なタイプが存在しますが、

その中から、一押しの「M.モゥブレィ・ステインリムーバー」についてお話したいと思います。


日本で靴用クリーナーといえば "中性クリーナー" というチューブ入りで無色のクリーム状のものが主流です。

説明書やパッケージには「汚れを落としながら光沢を与え一石二鳥で便利です、、、」的なニュアンスが多く、

販売トークとしては良さそうなのですが、実際はどうなのでしょうか。

靴の「汚れ」とは表面に付着している汚れや古いクリーム、ロウ分などを含めた全てです。

クリーム状の中性クリーナーはその多くがツヤ(光沢)を出すためのロウ分を配合してますので、

布で拭き取りながらツヤが出てきて便利そうな気がします。

・・・でも・・何か違うような気がしませんか? そうなんです。

ツヤがすぐに出てきてしまっては、靴に残っている古いロウ分やクリームなど「汚れ」が取れないのです。


クリーナー本来の役割は、表面の汚れを落としながら古いクリーム分などを一緒に除去し、

通気性を保つことにあります。

つまり、クリーナーはツヤを出すためのものではなく、

古いロウ分を取りツヤが消えマット(ツヤ消し)な状態なるのが本当の姿なのです。

ツヤはその後に靴クリームで栄養を与えながら磨き込めば、むしろ良く出てきます。

「ツヤ出し剤配合のクリーナー」→「靴クリーム」の順で仕上げをするということは、

靴クリームを2回塗っているのと同じようなものです。

二度塗りということは "厚塗り" なので、通気性が大切な革靴にとってあまり好ましくないことでもあります。


M.モゥブレィ・ステインリムーバーは軟水(ソフトウォーター)がベースの洗浄剤で、

皮革にとても優しい汚れ落しですが、あまりの汚れ落ちの良さから「コレは強いクリーナーで皮革を傷める!」

等と批判や中傷されたこともあるそうです。

しかし、本当のナチュラルメーク的なシューケア(靴の手入れ)を理解して使えば、

チューブ入りクリーナー(中性クリーナー)との機能性の違いは一目瞭然です。

M.モゥブレィ・ステインリムーバーの特徴は靴にダメージを与えずに、

古いクリームや皮革に入り込んだ塩分等もしっかりと落とすことが出来る、ということなのです。


ステインリムーバーは水分が皮革にしみ込んで、古いクリーム等を浮き立たせて、洗浄成分で

汚れをすっきりと落とすのですが、もっと強いベンジンやシンナー系の溶剤を使用すれば、

はるかにステインリムーバーより汚れや古いクリームは落ちます。

しかし、ロウ分や油分を「完全!」以上に落としすぎて、ステインリムーバーと比較すれば、

革の表面にかなりのダメージを与えます。

つまり、"水性" というのがステインリムーバーの最大の売りなのです。

使用方法もいたって簡単です。

指に綿などの布を巻き付けてよく混ぜ合わせたステインリムーバーを適量含ませます。

そして、革靴の表面を軽く拭いていくだけで、水分が浸透しながら汚れが浮き上がり良く取れます。

表面の汚れを落としながら、古いクリームを取り除き、通気性を維持、

さらに靴クリームの浸透性を向上させますので、本当の意味で靴がさっぱりと綺麗に仕上がります。


靴用のクレンジング剤であるステインリムーバーを今まで使用したことがない方は、

靴の素肌を生かしたナチュラルメーク的ケアを実践してみてください。

皮革がしっとりと、より美しく仕上がることの意味がお解り頂けるはずです・・・。


M.モゥブレィ・ステインリムーバー.jpg
M.モゥブレィ・ステインリムーバー ¥600+消費税  リムーバークロス(5枚入) ¥400+消費税
 
| R&D | 11:59 | - | - |
天然素材の除湿乾燥剤「シダードライ」で靴を清潔に!!
JUGEMテーマ:ファッション

一部で梅雨明けの声も聞こえてはいますが、まだまだ雨や湿気との戦いは続いています。

湿気によるカビの発生が多い季節の旬のネタということで、靴の湿気対策アイテムをご紹介したいと思います。


湿気対策といえば乾燥剤ですが、一般的にまず思い浮かぶのは、

お菓子の箱等に入ってるシリカゲルでしょう。

その他にも、塩化カルシウム、木炭、重曹、石灰など様々なものが乾燥剤として使われています。

しかし、シューケアグッズで有名なR&Dが長年の経験とノウハウから、確信を持ってオススメしているのが、

天然のアメリカンシダー(杉)の乾燥剤「シダードライ」です。

シダードライ.jpg
シダードライ(2個1セット) ¥1,500+tax

レッドシダーは、アメリカやカナダ原産の樹木です。

吸湿、防臭効果が高く、木に含まれるセドロール(Cedrol)には、虫を寄せ付けない防虫効果もあります。

また、乾燥剤の用途とは異なりますが、レッドシダーの爽やかな香りは、

人の心を癒やすアロマテラピー効果もあると言われています。

ヒノキの香りなども同様ですが、日本人好みの香りで心が和む、ナチュラルでエコな商品なのです。


カビは「湿気」「高温」「汚れ」の条件が揃うと発生します。

その条件を一つでも取り除けばカビの発生率は下がるので、湿気を除去する乾燥剤は日本の住宅事情、

気候を考えると必要不可欠です。

また、靴の場合は、空気中の湿気のみならず、靴の中にこもった汗をしっかり除去することで、

衛生面が向上することからも、除湿剤の仕様を強くお勧めします。


最後に、シダードライのしよう方法を紹介しましょう。

まず、靴に仕様する場合ですが、一日履いた靴には、汗や湿気がこもっています。

すぐに木製のシュートリーを入れることは、もちろん悪いことではないのですが、

シュートリーは靴の中を密閉状態にするため、特に汗をかきやすい人は、

まずシダードライを靴に中に入れて、半日または一晩ほど放置します。

チャーチディプロマットinシダードライ.jpg

靴にこもった汗を取り除いてからシュートリーを入れて下さい。

これで、靴の中の清潔性が向上します。

仕上げに除菌消臭スプレーを使えば効果がより高まります。

また、シダードライは、玄関や下駄箱、箱に入れた靴やバックの除湿にも適しています。

使用方法は、シダードライをそれぞれの場所に置く、または入れるだけでOKです。

その他にも、意外に通気性が悪いレザーのスニーカーや、冬場のブーツ類などにも効果的です。

スタンスミスinシダードライ.jpg


とてもシンプルな方法ですが、除湿、防臭効果が高く、衛生状態の改善、清潔性のアップにも最適な

「シダードライ」で、ジメジメした梅雨、夏をさわやかに乗り切って下さい。


シダードライ他.jpg
| R&D | 11:22 | - | - |
プレゼントにもイイですね。ポータブルレザーシューホーン。
JUGEMテーマ:ファッション

R&D ポータブルシューホーン 5色.jpg
ポータブルレザーシューホーン ¥2,500+tax

シューケアグッズのR&Dから、こんなモノが入荷しました。

グレインレザーを使ったポータブルレザーシューホーンです。


カラーは大人な5色展開。

左から、ブラック、ブラウン、ネイビー、レッド、キャメル。


イタリア産ベジタブルタンニン鞣しのグレインレザー「ベルーガ」を贅沢に使用。

スムースレザーよりも傷つきにくく、タフな革です。

また、使い込むほどにエイジングが楽しめます。


靴べら本体部分は、薄くて軽く、そして丈夫なメタル製。メタルの輝きが高級感をさらに演出します。

ポケットに収まるコンパクトサイズで、持ち運びにも便利です。


R&D ポータブルシューホーンキーホルダー.jpg

R&D ポータブルシューホーンベルトループ.jpg

キーホルダーとして使ったり、ベルトループに直接下げる事も出来ます。


最後にもう一度アップで見てみましょう。

R&D ポータブルシューホーン2色.jpg

ベーシックカラーがお好みの方は、ブラックかブラウン。

R&D ポータブルシューホーン3色.jpg

アクセサリー感覚でポップなカラーがお好みだったら、ネイビー、レッド、キャメルから。



靴べらを探している方は意外に多いので、プレゼントにも喜ばれると思いますよ。

来週の「父の日」ギフトにもイイんじゃないでしょうか。
| R&D | 21:11 | - | - |
雨の日対策、防水(撥水)スプレーは「ウォーリー・プロテクター3×3」で!
JUGEMテーマ:ファッション

ついに梅雨の季節がやってきました。

CIENTOでは様々なシューケアグッズを取り扱ってますが、これからの季節に活躍するのは

何と言っても防水(撥水)スプレーです。

当店でも定番商品として扱っている「ウォーリー・プロテクター3×3」は、

通気性を損なうことなく防水力をつける便利な商品で、この時期には欠かせないモノと言えるでしょう。

ウォーリー・プロテクター3×3.jpg
ウォーリー・プロテクター3×3 ¥1,500+tax

「ウォーリー・プロテクター3×3」が日本で発売されたのは、1976年と、今から約37年前にさかのぼります。

当時の日本の市場では、ほとんどの防水スプレーが、スムースレザー専用、スエード専用と

別々の商品だったため、一本で両素材に使えるものはとても画期的だったようです。

その後「ウォーリー・プロテクター3×3」の人気は口コミで広がっていき、

消費者センターのテストで最高の評価を得たことから一気に知名度が高まりました。


その後も商品開発は進められ、アウトドアブランド等でお馴染のゴアテックスやシンパテックといった

ハイテク防水素材へも対応しました。

現在も付いてますが、「ALL TEX」という推奨ロゴが記されているのがその証です。

ALL TEX ロゴ.jpg



この他にもスエード、ヌバック素材に栄養と柔軟性を与え、色アセや汚れを防ぎ、

防水効果をも与える「ウォーリー・スエードカラーフレッシュ」。

ウォーリー・スエードカラーフレッシュ.jpg
ウォーリー・スエードカラーフレッシュ ¥1,500+tax


靴やブーツの中のイヤな匂いを取り除く除菌・消臭スプレー「ウォーリー・シューフレッシュ」、

等もこれからの季節におススメです。

ウォーリー・シューフレッシュ.jpg
ウォーリー・シューフレッシュ ¥1,200+tax


今日ご紹介した以外にも、様々なシューケアグッズを取り揃えております。

シューケアグッズ.jpg



無料のパンフレット等もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。


 
| R&D | 12:01 | - | - |
チョコレートと一緒にいかがでしょうか? おすすめギフトのご紹介です!
JUGEMテーマ:ファッション

あっという間に2月に入り、気がつけばもうすぐバレンタインデー。

そこで今日はおすすめギフトのご案内です。


まずはコチラ。シューケアグッズのR&Dより届いた新商品。

「フリップシューホーン ブライドル」。

フリップシューホーン ブライドル.jpg
R&D フリップシューホーン ブライドル ¥2000+税

名前のとおりブライドルレザーを使った折り畳み式シューホーンです。

選べる7色展開。

手前から、ブラック、ブラウン、グリーン、ブルー、キャメル、オレンジ、レッド。

折り畳み式なので、2つ折りでコンパクトに収納。

フリップシューホーン ブライドル アップ.jpg

キーホルダーなんかと一緒につければ、コーディネートのアクセントにもなります。

フリップシューホーン ブライドル&キーホルダー.jpg

そして、最大のポイントは本場老舗タンナー、クレイトン社のブライドルレザーを使用しているところです。

持ち手部分なので、使い込むとエイジングが期待できます。

男性のお客様で「靴べら」を探している方は意外に多いんです。

貰って嬉しいアイテムじゃないでしょうか。


次は、ブロクでも何度かご紹介している「ラペルピン」です。

FAIRFAXラペルピン全部.jpg

今日は少し大きめのタイプとスワロフスキー付きのタイプの2種類です。

FAIRFAXラペルピン大.jpg
FAIRFAX ラペルピン ¥2500+税

FAIRFAXラペルピンスワロ付.jpg
FAIRFAX ラペルピン ¥2800+税 

この辺は説明無用ってところでしょう。

せっかく付けるんですから、チョット派手目がおススメです。


最後は、このボックス。

M.MOWBRAY スターターセット.jpg

フタを開けると、中身はシューケアグッズの詰め合わせ。

M.MOWBRAY スターターセット中身.jpg
M.MOWBRAY スターターセット ¥2000+税 

革靴のお手入れを始めるのに、コレさえあればとりあえず大丈夫!

「M.MOWBRAY スターターセット」。

詳しく中身を見てみましょう。

M.MOWBRAY スターターセット ひろげた中身.jpg

ミニデリケートクリーム、ミニステインリムーバー、ブラックの靴クリーム、ミニブラシ、竹ブラシ、

グローブクロス、シダーサークル(天然乾燥材)、シューホーン、ミニクロス。

もちろん、スターターセットの使用方法や靴のお手入れ法がかかれたパンフレットも入ってます。

シューケアのストーリーを完璧に押さえたお得なセットです。

おなじ中身で箱のカラーは2色。

M.MOWBRAY スターターセット2色.jpg

「華やかグリーン」と「大人ブラウン」、どちらも捨てがたい。



バレンタインはチョコレートがメインという方が多いと思いますので、

今回は主役ではなく名脇役を狙ってアンダー3000円で揃えてみました。

バレンタインだけじゃなく、卒業・入学、そしてフレッシャーズの方へのギフトにもいかがでしょうか。
| R&D | 09:45 | - | - |
ブライドルレザーのお話し
JUGEMテーマ:ファッション

革小物・革製品が好きな男性にとっては、コードバンとブライドルレザーは特別な素材だと思います。

美しさと独特な仕上がり、そして特殊な製法がこだわりをもつ方々のハートを掴む理由のようです。

そこで今日は、季節的にもお財布などで活躍の機会が多い「ブライドルレザー」についてお話してみたいと思います。



まずはブライドルレザーのブライドル「BRIDLE」とは?

辞書で調べてみると、「馬ろく、馬の頭につけるおもがい・くつわ・手綱の総称」とあります。

このことからも分かるように、元々は馬具の素材として使われていたものです。

革用石鹸のサドルソープのサドル「SADDLE」も馬の鞍が語源ですので、馬具と革とは密接な関係があるようですね。

そして、ブライドルレザーのイメージは何と言ってもイギリス・英国でしょう。

ブライドルレザーをメインの素材としているホワイトハウス・コックス社もイギリスですし、

ブライドルレザーそのものを生産している有力タンナーの多くはイギリスです。

2大人気素材のひとつ、コードバンがアメリカを象徴する皮革であることを考えると、対照的で大変面白いところです。



ではブライドルレザーとはどのような皮革なのでしょうか?

素材は成牛の革を使用しています。

フルグレインカウハイドと呼ばれていますが、フルグレインとは牛革のぎん面(皮革の表面、上部)と

繊維質をを含んだ表層部分のことで、カウハイドとは生後2年以上の牝牛の革という意味です。

この革は厚くて丈夫という最大の特徴があり馬具などに使用するには最適な素材の一つといえます。

そしてこの丈夫な牛革を鱈(タラ:COD)の油で鞣してから、ロウ分(蜜ロウ等)を染み込ませてつくられます。

ちなみにイギリスの伝統的ファストフード「フィッシュ&チップス」の魚フライもタラ(コッド)です。

関係あるかどうかはさておいて、およそ10週間以上の長期に渡りロウを染み込ませるので、

新品のブライドルレザーには「ブルーム」と呼ばれる白いロウ分の粉が表面に付いています。

ある意味この白い粉がブライドルレザーの最大の特色かもしれません。

このように製造にかなりの手間をかけ、特別なロウ分や油分をふんだんに使用していますので、

皮革そのものの価格はかなり高価になります。

必然的にブライドルレザー製品も高額ですが、製造工程などが理解できれば納得がいくと思います。



本題のお手入れですが、実はそれほど難しくありません。

新品のうちは表面の白い粉をホースヘアー(馬毛)のブラシなどでブラッシングして光沢感を出して下さい。

その後もロウがしっかりと皮革に馴染んでいるので、しばらくの間はブラッシングだけで十分です。

しかし、ブライドルレザーに含まれているロウ分も永久的ではありません。

時間の経過とともにロウ分が枯渇してきますので、乾燥が進みブラッシングだけでは光沢が出なくなってきます。

その時はウォーリー・クリームエッセンシャルでロウ分と潤いを与えながら

ブライドルレザーのもつ素晴らしい光沢感を蘇らせることができます。

WOLY クリーム・エッセンシャル.jpg
WOLY クリームエッセンシャル ¥1,890-

皮革が厚い分凹みのような傷は入ってきてしましますが、それもブライドルレザーの味だとご理解ください。

このようにお手入れはさほど難しくありませんので、

是非一度、ブライドルレザーの革小物を持ってみてはいかがでしょう。



ホワイトハウス・コックス.jpg
S-2622 ラウンドジップ ¥36,750- S-7660 三つ折り ¥31,500- S-9692 キーケース ¥15,750- 全てホワイトハウス・コックス


よく磨きこんだブライドルレザーの革製品を持っていれば、それだけで英国的なジェントルマンになれるかも。
 
| R&D | 12:03 | - | - |
靴ブラシのお話
JUGEMテーマ:ファッション 


「まずは、このブラシで、、、」

靴の手入れについての相談を受けて説明を始めると、

「ブラシは使った方が良いのですか?」とか

「ブラシでこすると傷がつきませんか?」等、

靴ブラシの本当の役割と使い方を正しく認識されてるお客様は以外に少ないようです。

今回は靴の手入れの道具として絶対に無くてはならない、

靴ブラシについてお話しましょう。


靴ブラシの大きさや形状はあまり関係ありません。

あるとすれば、使い勝手の良し悪しです。

ところが、毛の柔らかい、硬いは大いに関係があります。

では、どんなときにどのようなブラシを使うのがいいのでしょうか? 

順を追って説明します。


 ̄れ(泥、ホコリ等)を払い落とす・・・・・柔らかい毛、場合によってはかたい毛

靴クリームを塗る・・・・・小ブラシ

7ぅリームを塗った後、クリームを伸ばしたり、なじませたりする・・・かたい毛

せ転紊欧簓畸覆里手入れ・・・・・柔らかい毛

 
△鉢い蓮着古したTシャツ等の切れ端等でもとりあえずは代用出来ます。

今回重要なのは、です。

と言うことは、まず必要なのはシッカリとした少し硬めの毛のブラシと言う事です。


靴のお手入れの一番重要なことは通気性を保つことです。

小ブラシで塗ったクリームはシワや縫い目の中、コバの隙間などにも入り込みます。

この余分なクリームを他に移動させたり、払い落としたりしなくてはなりません。

当然しっかりしたブラシのほうが確実に役目を果たしてくれます。

ブラシが活躍する一番大事なところです。

革がいたむからブラシを使わないとか、柔らかい毛のほうがいいと言う方もいますが、

剛毛でいたむ革は特殊なもの(シープスキンやソフトなヌメ革等)を除けば、

まずありません。


プロ・ホワイトブラシ.jpg
プロ・ホワイトブラシ ¥1,050−


ここで、プロ・ホワイトブラシの登場です。

もちろん、シッカリとした少し硬めの毛を使用していています。

最大の特徴は、靴クリームを塗った後にクリームを全体に伸ばしたり、

皮革に馴染ませたりするときの使い勝手の良さにあります。

「シュッ、シュッ、シュッ」というここちのいい音と共に、靴クリームがまんべんなく

全体に浸透していき、なんとも言えないツヤが出てきます。

その握りやすさと、小さくなく大きくもないジャストサイズ。

そして、なぜ白い毛? と思われる方も多いと思いますが、クリームを伸ばすブラシは

黒と茶系など大まかに色分けしておいた方がいいのです。

使い込むうちに白い毛の部分が黒の靴に使っているものは黒に、茶系に使っているものは

茶に染まっていくので「茶の靴に間違えて黒のブラシを使ってしまった」なんて

うっかりしたミスもなくなります。 だから白い毛の部分が非常に役に立つのです。


使い込んだ靴ブラシは、靴クリームの成分が染み込んでいて、サッとかけただけでも

うっすらと光沢が蘇ります。朝の忙しい時間には頼もしいかぎりです。


また、コードバンや仕上げ様に最適な天然の馬毛を使用したタイプやスエード用等

用途に応じた各種ブラシもご用意しております。


プロ・ホースブラシ他.jpg
プロ・ホースブラシ¥1,260− ワイヤーブラシ¥1,785− ペネトレイトブラシ¥420−


皆さんも靴ブラシを再認識して上手に使いこなし、皮革だけがもつあの透明感のある

美しいツヤを演出してみてください。

ますます靴が大好きになるはずです。

| R&D | 10:46 | - | - |
<< | 2/2PAGES |